1. ホーム
  2. 掲示板

小さな町の小さな映画館 掲示板

ドキュメンタリー映画「小さな町の小さな映画館」や<br />浦河町、大黒座へのご意見・ご感想・応援メッセージをお気軽に書き込んでください。
送信者
メールアドレス メールアドレスはページに掲載されません。
タイトル
内容
ホームページURL
画像
入力確認 入力確認 左の赤字の数字と同じ数字を入力してください。

「小さな町の小さな映画館」掲示板 RSS購読 141 - 150 件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ページ 再読み込み

松山での上映最終日です! / 森田惠子 ホームページ

[松山での上映最終日です!]に添付された画像

四国初上映! もちろん松山初上映! の『小さな町の小さな映画館』ですが、今日20日(金曜日)の20:30~ の上映が最後になります。

おっと、見ようと思っていて忘れていた方>おられませんか?

「黒い雨」「按摩と女」「ゼロの焦点」「セロ弾きのゴーシュ」と、素晴らしいラインナップですので、もう一度、今日のご自分のスケジュールと上映スケジュールをご確認の上、是非、お出かけください。

上映初日の「朝日新聞・愛媛版」に、「南ぎんてん映画祭」のことが紹介されました。私も電話取材を受けました。
「愛媛新聞」「毎日新聞」も取材に来ておられましたが、記事になったのかな・・・。

[120.75.247.247 | 2012/04/20(Fri) 08:49:13]

森田惠子 さん

「南ぎんてん映画祭」へ行ってきました! / 森田惠子 ホームページ

[「南ぎんてん映画祭」へ行ってきました!]に添付された画像

4月14日、「南ぎんてん映画祭」の初日は『小さな町の小さな映画館』の四国初上映の日でもありました。
会場は「シネマルナティック」。
たった一人で営まれている、南銀天街の映画館です。

上映前に短い挨拶をさせていただき、上映後に企画されていたトークセッションに飛び入り参加させていただきました。

ご来場くださった皆さん、「シネマルナティック」の橋本達也さん、「南ぎんてん映画祭」の企画運営をされた「マネキネマ」の皆さん、「シネマルナティックを守る会」の皆さん、ありがとうございました~!

たまたま通りかかって、看板を見つけた「大黒屋」。
「大黒座」の映画だもの・・・と、そこで昼食を食べることにしたのですが、たまたま隣に座った地元の方が「シネマルナティック」を知らないというので、「是非、来てください!」とチラシをお渡ししたのですが、なんと、その方もご来場くださいました! 感謝感激です。

「南ぎんてん映画祭」は、20日(金曜日)まで開催中。
どうぞ、お出かけください。

[120.75.247.247 | 2012/04/18(Wed) 19:29:40]

森田惠子 さん

「京都みなみ会館」の上映 / 森田惠子 ホームページ

[「京都みなみ会館」の上映]に添付された画像

いよいよ「京都みなみ会館」の上映が、明日(13日の金曜日)で最終日を迎えます。
桜に気を取られて、うっかりしていたという方>どうぞ、お出かけください。
10:30~ の1回上映です。

14日からは「シネマルナティック」を会場としての「南ぎんてん映画祭」での上映が始まります。
14日は松山へ伺います!
どうぞ、お出かけください。

上映情報のコーナーの表示を、サイト製作者が変更してくれました。
少しずつですが、分かりやすい表示になるよう工夫をしていこうと思っています。あわせて、よろしくお願い致します。

[120.75.247.247 | 2012/04/12(Thu) 09:33:49]

森田惠子 さん

四国初上映もあります! / 森田惠子 ホームページ

[四国初上映もあります!]に添付された画像

関東の桜は満開を迎えた木もあります。
今週末はお花見に最適なのではないでしょうか? 京都の桜も気になりますが、「京都みなみ会館」の入りを気にしつつ過しています。

公式サイトへのアクセスも少し増えているようなので、話題にしてくださっている人がおられるのかな・・・と、希望的観測をしております。

「京都みなみ会館」での上映は、明日から上映時間が変更になりますので、どうぞ、お間違えなくお出かけください。

四国・松山での上映もきまりました。
いよいよ、四国初上映です!
「シネマルナティック」を会場にしての「南ぎんてん映画祭」です。
14日は松山へ伺います!
どうぞ、ご来場ください。

[120.75.247.247 | 2012/04/06(Fri) 09:43:15]

森田惠子 さん

明日から / 森田惠子 ホームページ

[明日から]に添付された画像

3月もいよいよ終りですね。
明日31日より「京都みなみ会館」での上映が始まります。

京都の桜は、どのような状況なのでしょうか?
2週間の上映中には、桜も満開になる日を迎えることでしょう。
『小さな町の小さな映画館』では、北海道の港町の景色が見られます。
その後にお寺と桜を見たら、とても素敵な一日になりそうですね。

「シネマクラブのだ」の上映会は、みんなで輪になって語り合い、とても楽しいひと時を過すことができたこともご報告します!

[172.16.1.10 | 2012/03/30(Fri) 23:16:05]

森田惠子 さん

シネマクラブのだの上映会が迫ってきました! / 森田惠子 ホームページ

[シネマクラブのだの上映会が迫ってきました!]に添付された画像

朝日新聞の「be」に掲載された「孤高の狭小シネマ・パラダイス」の記事の中で紹介された「深谷シネマ」と「大黒座」。
二つの映画館のドキュメンタリーが、3月25日12:00~に、野田市中央公民館講堂で上映されます。

長年、上映活動を続けておられる「シネマクラブ・のだ」の皆さんが主催してくださいます。
連絡先は 04-7127-2314 山崎さん

上映後、『まちに映画館は必要か』についてのシンポジウムもありますので、お近くの方は、どうぞ、お出かけください。

[172.16.1.10 | 2012/03/21(Wed) 19:28:40]

森田惠子 さん

無事に終わりました~! / 森田惠子 ホームページ

[無事に終わりました~!]に添付された画像

北海道中富良野の「わっか祭」、埼玉県本庄市の「映画から見つめる、私たちのまち本庄」での上映が無事におわりました。

「わっか祭」は閉校になった学校、本庄は蔵を改装した「café NINOKURA」という、それぞれステキな空間での、思いの詰まった上映会でした。
この上映会をきっかけに、人の出会いや繋がりが生まれたら素晴らしいなぁ~と思っています。

只今「元町映画館」で上映中なのですが、「元町映画館」の支配人・藤島さんがブログに感想を書いてくださいました。
涙が出るほどステキな感想だったのでURLを貼り付けますので、お読みいただけたら幸いです。

何処の映画館も続けていくのは大変です。そういう状況でも、見てほしい作品を上映して行こうとする姿は「大黒座」に通じるものがあり、有難い限りです。

[172.16.1.10 | 2012/03/14(Wed) 18:24:39]

森田惠子 さん

残ってほしい…。 / rikimaru

[残ってほしい…。]に添付された画像

以前から大黒座のことが気になっており、昨日(3/10)元町映画館で観てきました。(土曜日の昼下がりなのに場内は9名でした。)

毎年のように夏の北海道へツーリングに出掛けています。浦河の町も何度か通り過ぎていましたが、この町に歴史あるミニシアターが存在していることを知り、昨夏は大黒座に立寄ってきました。
ただ、映画はすでに観た「八日目の蝉」でしたので、写真を撮っただけで失礼させて頂きましたが…。

今年も北海道へ行けたなら、浦河に泊まって是非大黒座で映画を観ようと考えています。

神戸のような街でも、アート系のミニシアターはドンドン姿を消しており厳しい経営環境に有ることを証明しています。
(今や常設館ではシネリーブルと元町映画館のみとなってしまいました。)
神戸でさえこんな状態ですから、浦河で劇場を維持するのは大変なことであるのは容易に想像できます。

館主の三上さん始めお母さん、奥さんも厳しい現実を受け止めながら続けていることに頭が下がります。

浦河の人、一人が1年に1回観るだけでも大黒座は守れるのではないのかなと思います。
応援する人々がもっと増えてくれることを遠い地からも祈ります。

[172.16.1.10 | 2012/03/11(Sun) 22:02:11]

rikimaru さん

更新しました! / 森田惠子 ホームページ

[更新しました!]に添付された画像

「シネ・ヌーヴォ」での上映も1週間になりました。北海道の映画館の作品を、関西の方がどう受け止めてくださるか、気になりつつの毎日を過しています。

映画分析研究所の宮城正樹さんが、とても、すてきな評を書いてくださったので、ご本人に連絡をして転載の許可を頂きました。
「小さな映画館に寄せて」のコーナーをご覧ください。

3日「元町映画館」11:00~ 
4日「シネ・ヌーヴォX」16:00~ 
舞台挨拶に伺います。
どうぞ、よろしくお願い致します。

[172.16.1.10 | 2012/03/02(Fri) 09:32:40]

森田惠子 さん

嬉しいご批評を頂きました! / 森田惠子 ホームページ

[嬉しいご批評を頂きました!]に添付された画像

映画分析研究所の宮城正樹さんがブログに嬉しいご批評を書いてくださいました。
「ホンマのホンマに泣きよりました」と。
ブログのアドレスを貼り付けておきますので、どうぞ、ご覧ください。

昨日、「シネ・ヌーヴォ」で『小さな町の小さな映画館』をご覧くださった方は、父方の祖父母が営んでいた芝居小屋のことを思い出したそうです。戦火で消失してしまい、見たことがないのだそうですが、父母の話から記憶に残っておられたのでしょう。

故郷の映画館のことを思い出したという感想も伺ったことがあります。身体の底の方に眠っていた記憶が、映画を通して、目を覚ますような気がしています。

どうそ、大阪・九条のお近くの方はお出かけくださいませ!

[172.16.1.10 | 2012/02/28(Tue) 20:15:21]

森田惠子 さん
ページの先頭に戻る